結婚相談所 東京大学を卒業してから父が経営する会社で働き始めました。

仕事に慣れることに夢中で、気づけは40歳を目前にする年齢になっていました。

友人たちのほとんどが結婚して子育てをしていましたが、仕事にやりがいを感じていたこともあり、結婚したいという気持ちがさほどありませんでした。

しかし40歳が近づくにつれ、両親から誰か良い人はいないのかと頻繁に言われるようになりました。

まだまだ元気な両親ですが、そろそろ孫の顔を見たいとも言い出すようになりました。

しかし仕事は事務所内で過ごすことが多いため、異性と知り合う機会はほとんどありませんし、独身生活で困ると感じたこともなかったので、自分から積極的に出会いを求めることはありませんでした。

ただ両親を安心させたいという気持ちはあったので、東京の結婚相談所に登録することにしました。

結婚相談所に登録することに最初は抵抗がありましたが、スタッフが親身になって相談にのってくれたり、紹介する制度などを丁寧に説明してくれたので安心感を持つようになりました。

できれば同じ世代の女性で、実家の会社を手伝ってくれる働き者が良いと考えていました。

希望する項目を記入してスタッフに渡したところ、それを元に、紹介してくれる女性を選んでくれました。

あまり期待はしていなかったのですが、最初に紹介してもらった女性は自分の好みの容姿をしていて、尚且つ性格がはきはきしていたのでとても好感を抱きました。

彼女も今まで仕事を熱心にしていたものの将来のことを考えてパートナーが欲しいと考えたようでした。

私の実家の仕事のことも理解してくれたこともあり、それから何度もデートを重ねるようになりました。

価値観が共通していたこともあり、5回目のデートで両親とも顔合わせをしてもらいました。

両親も気に入ってくれて、お互いが結婚に乗り気になりました。

その後も交際を続けてもうすぐ付き合って1年目になりますが、3か月後に結婚をすることになりました。